ポルシェ 930ターボ カブリオレ 走行28,909km

2018/08/30 13:10:24

 

先週、関西出張の際に、ポルシェセンター堺に立ち寄ってきました。実はこのディーラーは「ポルシェ クラシックパートナー」の認定を受けており、けっこう頻繁に「お宝モデル」が入ってきているのです。

で、やはりショールームの奥にありました。


それが写真の930ターボ・カブリオレです。スーパーカーブームの時に流行った赤系のインテリアが泣かせます。1989年式ですから、トランスミッションは最終モデルのみに採用された5速MTとなります。それまで4速でしたのでかなり話題になったのを思い出しますよね。これは希少です

 

 

 

 

 

 それにしてもきれいな個体です。まるで新車みたい。スタッフの方に確認したところ、同社が新車で販売し、それから約29年にわたりメンテナンスしてきたワンオーナー車とのこと。走行距離はなんと28,909km!スゴイ!!ちなみに、販売するかどうかは検討中とのことです。

 

 

ポルシェセンター堺

昌和自動車株式会社

大阪府堺市堺区北清水町2-1-18

TEL.072-221-0911

ルノー カングー1 キャンパストップ 68万円 走行8.6万km

2018/08/25 15:45:54

マニア層だけではなく輸入車ビギナー、またファミリー層にまで、高い人気を持つフランス版のセミトールワゴン、ルノー カングー。我が社では、今年4月に先代の2004年式カングー1WBD(インテンスブルー)を購入して長期リポートを実施していますが、この1.6リッターエンジンを搭載する先代の後期型(20032009年)は、ちょうどいいサイズ感とスタイリッシュな癒し系のルックス、現代の道路も普通に走れる実用性を持っていますので、良質車ともなると、マーケットでは引く手あまたの状況が続いているようです。

今回取り上げるのは、ルノーのプロショップ「サンク」で見つけた2004年登録のカングー1WBD。この外観写真を見ただけで、「おつ!珍しいカングーが出ているね〜」なんてつぶやいた方は相当なカングー通、普通はその希少性が分からないと思いますので、詳細をご説明しましょう。

 

まずはボディカラーの「マリンブルー」です。カングーのブルー系で最も多い「インテンスブルー」より、鮮やかで明るい外装色ですが、この色は20032005年の約3年間だけしか存在していなかったため、けっこう希少です。そして、ルーフをご覧ください。なんと、キャンパストップなのです。

幌の開閉は手元スイッチによる電動式で、全開にするとなかなか気持ちの良い解放感が味わえます。ちなみに、ダッシュボード付近の上はガラスルーフとなり、残念ながら、これは開閉できません。

さて、このマリンブルーを纏う2004年式カングー1WBDキャンパストップは、走行8.6kmで、車両本体価格68万円。間違いなくお宝だと思います。

 

ルノー カングー1 WBD キャンパストップ

初年度登録2004年 走行8.6km

外装色:マリンブルー キャンパストップ AT 右ハンドル 車両本体価格68万円

 

お問い合わせ 

CINQ

株式会社サンク

東京都練馬区豊玉北3-14-6

 

TEL.03-5946-6767

 

前が今回取り上げたマリンブルー号、後ろが長期リポート車のインテンスブルー号。同じブルー系でも比べるとその違いが分かる。

 

全長4035×全幅1675×全高1810mm。この5ナンバーサイズのボディ、そして背高キャビンがカングー1の魅力。現行型は3ナンバーとなりミニバンの雰囲気に変貌した。

 

幌を全開にすれば素晴らしい解放感。

 

 

リアのダブルバックドアもカングーのキャラに合っている。

 

前オーナーは大事に乗っていたことが分かる室内。

 

 

ALFA ROMEO 159 SW 3.2 Q4 Qトロニック 109万円

2018/08/23 11:00:00

アルファロメオの大ヒット作156の後継モデルとして2006年にデビュ
ーした159シリーズ。その中からワゴンタイプでアルファV6を積む上級
モデルを発見しました。それも正規ディーラー扱いなので衝動に任せても安
心かと思います。さて、発見場所は静岡県沼津市のフィアット・アルファロ
メオ沼津さん。こちらは静岡県下に輸入車10ブランドを運営するALCモ
ータースグループに属し、厚木、沼津、静岡に3拠点を運営する老舗ディー
ラー。歴史があるから県下アルファロメオ管理車両も多くご紹介車両もその
中の1台と思われる。何せ内外装実に綺麗なクルマです。初年度登録から9
年、走行65,000キロ。乗ればヤレルと言われるイタ車に於いて、これ
までシッカリ管理保管されて来た事は実車を観れば一目瞭然です。
更に、アルファ3、2リッターV6エンジン+新開発6段オートマチック
「Qトロニック」+Q4 フルタイム4WDを味わえるのです。
クルマ好きの中ではセレスピードの面白さや、DSGの効率的な走りを重要
視する場合もあるが、やはりここ日本では通常のトルコン式オートマチック
が受け入れやすいと思われます。アクセルワークのコツを必要としないQト
ロニックを積むワゴンお薦め出来ます。



アルファロメオ 159 ステーションワゴン 3.2 Q4  Qトロニック
初年度登録2009年3月 シルバー 6AT 右ハンドル
車検平成32年3月 走行65,000キロ 保証3ヶ月又は6,000キロ
車両本体価格1,090,000円

お問い合わせ
フィアット・アルファロメオ沼津
株式会社 エー・エル・シー
静岡県沼津市西沢田281−1
TEL 055−926−2401

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

ポルシェ911 Turbo カブリオレ (Type-997)

2018/08/07 17:00:00



残存価格の高いポルシェ911。タイプ997も10年落ち車両を目にする
様になった。どれもコンディションは良く価格も頑張れば届くまでになった
のは有りがたい。さて、お宝ヤングタイマーでご紹介したい997ターボ
カブリオレを発見!初めて見るウッドパネルに遣られてしまった!と言う
私に向かってセントラル21の伊藤代表は、若手に人気の無い年寄仕様だ
という。何で、これ初代オーナーが費用を掛けて仕立てたオンリーワン
(年寄仕様?)更に、10年経過して走行17,877キロ。先ずお目に
掛れない個体間違い無し。年寄仕様イイじゃありませんか!
以下、ご覧あれ!

ポルシェ911ターボ カブリオレ(Type-997)
ベージュレザーインテリア 特注ウッドパネル 
詳細は、お問い合わせ

セントラル21
世田谷区中町4−17−10
TEL 03−5758−8621

 

 

 

 

 

 

アルファロメオGT Special Edition

2018/07/21 10:00:00

また見つけてしまった!
アルファ初のSUVステルヴィオの取材で伺ったアルファロメオ沼津さん。
ビックリするほど綺麗なGTです。黒ボディに赤レザーの王道仕様。
これが、いや、これもイタリアですね〜、根っからのイタ車好きの私、最近
アルファがイイなぁ〜と思ってみたり、最近のクルマは高すぎるとも思った
り、クルマはもう卒業か?なんて感じたり、でも、クルマ好きは不治の病だ
と解かっている。だから、自分を納得させるストーリーを考えてみようでは
ありませんか、不治の病に掛った皆さん!そう、ストーリーはヤングタイマ
ーを安価に楽しむが良いかと思います。それでは、美しくて官能的なアルフ
ァをお楽しんでください。

ALFA ROMEO GT  Special Edition
初年度登録2008年5月 ブラック 赤レザーシート 走行30,000キロ
車検平成31年5月 右ハンドル AT 3ヶ月又は走行6,000キロ
中古車保証付
車両本体価格 1,590,000円

お問い合わせ
アルファロメオ・フィアット沼津
株式会社 エー・エル・シー
静岡県沼津市西沢田281−1
TEL 055−926−2401