特別企画!経営者のためのクルマ選び!

2019/05/28 13:43:25

 

経営者のためのクルマ選び、ハイエンドモデルの賢い購入法。
減価償却しながら楽しむ!

いま、「車 市場」認定中古車.comが動画特集としてお届けしているのは「どうせ乗るならハイエンド」です。メルセデスAMG S63  4マチック ロング、Gクラス、Sクラス、ジャガー XJ R-スポーツ、レンジローバー・ヴォーグなど、各ブランドの頂点に立つフラッグシップモデルが登場します。ご存じのように、このようなハイエンドモデルは、ブランドの持つ技術のクオリティを示すという役割を担っていますから、最先端の技術や素材、そしてデザインが投入されます。もちろん、多くの台数を販売するために作られる量産車です。でも、ラインナップにその名があることに意味、というか大義みたいなものがある特別なモデルと言っていいでしょう。メーカーの開発チームも、販売価格、開発コストのためにそのクルマにとって最善となる装備やデザインの採用をあきらめることがないわけです。これが、ブランドの顔と呼ばれる所以。AMG S63GSだから、XJ R-スポーツだから、レンジローバー・ヴォーグだから「良いクルマのはず」、そんなユーザーの絶対的な信頼に応えることが義務付けられている最高峰のモデルたちです。

 

【第13回】お洒落なクルマに乗ろう メルセデス・ベンツCLA

2019/04/23 11:00:00

 

スタイリッシュな人気モデルを安価に楽しむ!

いま、旧型・新型を気にしないのが輸入車選びのトレンド。

国産車オーナーを対象とする或るアンケート(20代〜60代の男女)で、「所有するクルマの購入理由」の項目をチェックしてみました。1位は「価格」、2位が僅差で「外観や内装が気にいったから」、3位が「性能」という結果が出ています。そして、これを20代の若者に絞ると、1位が「燃費」、2位が「価格」、3位が「安全機能」となります。最近の若者はマイカーの購入においても堅実ですね〜。

認定中古車.comをご覧の皆さんはどうでしょう。おそらく、「外観や内装のデザイン」と「性能」をポイントにして選ぶ方が多いと思います。やはり、自分が「カッコいい」と思えないクルマに乗るのは、どれだけ安く購入できてもつらいものですよね。

そこで、今回の特集は、スタイリッシュな人気モデルを好条件で購入する方法を特集します。俎上に載せたのは、現行型のレンジローバー・イヴォーク、メルセデス・ベンツ CLAクーペ/シューティングブレーク、BMW Z43つのモデル名を見て、「なるほどね!」と呟いたかたは間違いなくクルマ趣味人なのだと思います。そう、この3台には共通点があります。「SUV」「セダン」「ロードスター」、それぞれのカテゴリーにおいて新潮流となった「名車」なのです。そして、3台とも後継にバトンを渡す時期となっています。

【第12回】お洒落なクルマに乗ろう レンジローバー イヴォーク

2019/04/22 12:00:00

スタイリッシュな人気モデルを安価に楽しむ!

いま、旧型・新型を気にしないのが輸入車選びのトレンド。

 

国産車オーナーを対象とする或るアンケート(20代〜60代の男女)で、「所有するクルマの購入理由」の項目をチェックしてみました。1位は「価格」、2位が僅差で「外観や内装が気にいったから」、3位が「性能」という結果が出ています。そして、これを20代の若者に絞ると、1位が「燃費」、2位が「価格」、3位が「安全機能」となります。最近の若者はマイカーの購入においても堅実ですね〜。

「車 市場」認定中古車.comをご覧の皆さんはどうでしょう。おそらく、「外観や内装のデザイン」と「性能」をポイントにして選ぶ方が多いと思います。やはり、自分が「カッコいい」と思えないクルマに乗るのは、どれだけ安く購入できてもつらいものですよね。

そこで、今回の特集は、スタイリッシュな人気モデルを好条件で購入する方法を特集します。俎上に載せたのは、現行型のレンジローバー・イヴォーク、メルセデス・ベンツ CLAクーペ/シューティングブレーク、BMW Z43つのモデル名を見て、「なるほどね!」と呟いたかたは間違いなくクルマ趣味人なのだと思います。そう、この3台には共通点があります。「SUV」「セダン」「ロードスター」、それぞれのカテゴリーにおいて新潮流となった「名車」なのです。そして、3台とも後継にバトンを渡す時期となっています。

【第11回】BMW X1

2019/03/18 12:03:19

日本の交通環境にジャストフィット!走って楽しい最良のファミリーカー

sDrive(前輪駆動仕様)とxDrive(前輪駆動ベースの4輪駆動仕様)がラインナップされているBMW X1は使い勝手がいいプレミアム・コンパクト・クロスオーバーSAVです。

BMWXシリーズをSUV=スポーツ・・ユーティリティ・ビークルではなく、オンロード性能をより重視したSAV=スポーツ・アクティビティ・ビークルとしてユーザーに提案しており、現在X1X2X3X4X5X6、が販売されています。

Xの後に続く数字が車格を表していますが、BMWは使用するパーツをシリーズ共通にしているため、最もコンパクトなX1も走行フィーリングやインテリアの質感がプレミアムなわけです。車名の数字が小さくてもクルマが上質!という点がBMWの魅力だといえ、この特徴によりX11シリーズも人気車となっています。

さて、前輪駆動化によって従来型(前代はフロントエンジン/リアドライブでした)よりもバランスのいいスタイルとなったX1は、外観やドライビング・ダイナミクス、面だけでなくユーティリティ面の性能も向上し、室内空間が拡大されました。

全長こそ従来型比でコンパクトになりんましたが、前席だけでなく構成の足もとも広くなり、全高がよろ高くなったことで、頭上空間にもさらなるゆとりが生まれました。(全高はM Sport1,600mmStandartxLine1,610mmになったので、立体駐車場に入庫させる際には、ご注意ください。)また、ラゲッジルームも広くなったので、これまで以上にファミリーカーとして使いやすくなったと言えるでしょう。

冒険心をくすぐるBMW X1をファミリーカーとしてフル活用し、家族総出での思い出をたくさん作りパパ、ママやロングツーリング好きの諸兄に吉報としてお伝えしたいのは、待望のクリーン・ディーゼル・エンジン搭載モデルが加わったことです。ガソリン・エンジン仕様よりもランニングコストを低く抑えrあれるようになりました。

トルクフルでこう航路綱クリーン・ディーゼル・エンjんは、あらゆるシーンで力強く加速してくれ流ので、新たなフィールドを求め、パワフルに駆け抜けてください。

緊急企画!新型Aクラスはベーシックがいい!?

2019/03/14 14:00:00

新型Aクラスは「ベーシックグレード」がいい!?
ベーシックとスタイルの2グレードから選べる新型A180。
価格差41万円、その違いを検証する緊急企画。
貴方はどちらを選びますか?

動画でもご覧いただけます。こちら

ハイ、メルセデス!」と、女性ドライバーがクルマに話しかけるTV-CMが話題を集めるメルセデス・ベンツの新型Aクラス。201810月にリリースされた導入記念の装備充実限定車「A180エディション1」も早々に完売し、カタログモデルも好調なセールスを記録しているようです。